良い借金、悪い借金 その①


こんばんわ。 石川裕士です。

僕の不動産投資デビューは、
低価格の区分マンションの購入でした。

当時の自分は、借金をするという行為に嫌悪感を感じていたため、
株や貯金の現金を使って不動産投資を始めました。

現金購入のため、毎月の返済はありません。
税金を除いた、毎月のキャッシュフローは、家賃 – ( 修繕費 + 管理費 )となります。

 

実際やってみて分かったのですが、区分マンション投資は、
しっかり収支のシュミレーションを行なえば、決して儲からないことはありませんが、
大きなリターンも望めません。

下記のように、同じ利回りでも投資金額の違いで、
当然ながら、キャッシュフローには大きな違いが出てきます。

区分マンション : 500万円 利回り 10% → 50万円
アパート一棟  :5,000万円 利回り 10% → 500万円

「それなら、次はアパート買いたい」そんな思いから借金について考え直すとになり、
「良い借金」というものを知ることになります。

 

次回は、借金のイメージが180度変わった理由を書いていきたいと思います。

ユウジ


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 9月 20日

ページ上部へ戻る