良い借金、悪い借金 その②


こんばんは、石川裕士です。

前回に引き続き、
借金について書いていきたいと思います。

>良い借金、悪い借金 その①
http://20sok.com/2015/09/19/good_loan_bad_loan_1/

借金は汗水垂らして返すもの。。。
そんな考えが世の中では一般的ではないでしょうか。

自分自身も、不動産投資を始めるまではそんな考えを
少なからず持っていた一人でした。

 

しかし、そんな考えは偏見であり、むしろ「借金」できるなら
大いに使っていこうと考えるようになったのです。

なぜ、借金のイメージがガラリと変わってしまったのかというと、
「良い借金」は、自分で返済する必要がないからです。

例えば、賃貸アパートを借金をして購入した場合、
毎月の返済は、入居者様の家賃から支払い、余った家賃は自分の収入になります。
自分の収入を増やすための借金は「良い借金」と呼べるのです。

反対に、私欲のための贅沢品などを購入するための借金は「悪い借金」となります。
※お金が減るだけの消費、一般的に「借金は悪」ことのイメージはここに該当します。

 

特別なスキルがなくても、「良い借金」で、
現金では決してなし得ない収益をあげられる唯一の投資法
それが不動産投資なのです。

「借金は悪」という固定概念は、大きなチャンスを逃す要因になります。
「良い借金」と上手く付き合う術をぜひ取得しましょう。

ユウジ


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る