新築アパート 新しいものはお好きですか?


こんにちは。
運営メンバー、石川裕士です。

中古区分マンションの運営を経験し、さぁ次は一棟モノをと考え始めると、
新築一棟 or 中古一棟のどちらかを選択するか。。。悩みますね。

ここ最近の不動産市場を見ていると、日頃から物件チェックを行っている方であれば、
段々と利回りが下がっていることを感じているかと思います。

稀に、高利回りの中古一棟モノを見つけても、家賃設定が実際よりも高く見積もられている、
購入後に、大規模な修繕が必要等の問題を抱えていることが殆どであり、
なかなか物件を見つけるのが難しい。

それに比べ、新築一棟モノは、

・家賃設定がある程度信頼できる
・向こう十年は修繕の必要無し
・新しいもの好きの日本では、入居率高
・立地も自分で選べる

といったメリットがあります。

デメリットとしては、中古一棟モノに比べ利回りが低くなります。
ですが、中古の空室率や運営費(修繕等)を考えると、
結果的に新築の方がキャッシュフローが良いこともあります。

私も実際に、新築アパートを購入し運営していると、
忙しい本業の傍ら、不動産業を営むサラリーマン大家にとって、
新築アパートは、手間がかからず、本当の意味での不労所得だなぁと実感してます。

ここに書ききれないメリットデメリットもたくさんありますので、
物件ツアーや会員相談会等でお話できたらと思います。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る