地方での銀行開拓のコツ


bank

 

こんにちは。運営メンバーの野間です。

 

先日2/28は「5年で会社リタイア!6名の投資手法公開セミナー」を実施させて頂きました。

 

我々にとって初めてのセミナーでしたが、たくさんの方々にご参加頂きました。お越し頂いた方々誠に有難うございました。

Nさん、永久会員無料券おめでとうございます!笑

 

さて、セミナーでは30分と短い時間だった為、要所要所のポイントしかお伝えできず、懇親会では「ここ細かく教えて欲しい」とおっしゃる方も多かったです。

 

やはり短い時間で、自分の考えを、みんながわかるように、伝えるということは難しいですね。

銀行融資についての質問が多かったので、少しブログでもちょこちょこ書いていきたいと思います。

 

タウンワークにのってる銀行は全部電話しろ

 

こんなこともスライドで書いてましたね。個人的な意見ですが、最小の工数で、知識も経験もない方が、上手く融資を出す支店を、効率的に見つけるスキル、なんてものは存在しないと思います。

まずは「銀行慣れ」をするという意味で、数かけて話を聞いて打ちのめされましょう笑

電話していても、10件中6件くらいは大体ほとんど話も聞いてもらえないです。4件は話は聞いてくれて、そのうち1〜2件が積極的に出してます。とか面談してくれたり、とかでしょうか。

 

あとは、とりあえずみてもらう為に、自分の属性資料は大体スライドで1セット30〜40枚くらいで纏めており(決算書などもあるので多いです)100部くらいは常に印刷しています。

自分の中で「自己紹介セット」と呼んでますが、属性や勤務先、自己資金や保有資産、直近の決算書や確定申告、源泉徴収など。大体は全て纏めています。

これをアタックした支店に郵送で送ったりしてます。

 

電話では相手にされなかったのに、資料見て話聞いてくれるとかってのは結構あります。(※資料も自分を如何に大きく見せるかがポイントです。)

 

結構面倒そうに見えますが、一回作って印刷しておけばそんなに苦じゃないです^^;

 

同じ銀行でも支店は全て当たれ

 

これもセミナーでお話しましたね。書籍でも書かれてますが、本当に支店によって考えって全然違います。

実は私が一番良い融資で1.5%35年という融資をしてくれた銀行があります。

 

実はこの銀行って地元では、融資は出すけど金利が高いで有名な銀行なんですよね。いわゆる地元のS銀行さんみたいですね。この支店を開拓できたのはラッキーではありますが、実際数当たったからこそのラッキーだと思ってます笑

おそらくこの時期、数字が厳しくどうしても融資出したい、などのご事情もあったのでしょう。

こういったタイミングをつかむ為にも一支店で諦めるではなく、全ての支店に当たって確率をあげたいですね。

 

長くなってしまったので続きはまた次回。

 

次回のイベントは3/12に開催します!

 

3/12(土)開催予定!「0円物件リフォーム後見学会&懇親会」

 

是非みなさんご参加を!


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る