これから不動産投資を始める方へ


5bdd913e6b5ed8636de0cea33cabf5cb

 

 

こんにちは。野間です。

 

先週は20代サラリーマン大家の会にて、BBQパーティを開催させて頂きました^^

毎度の事ですが、後半は酔っ払いすぎてほとんど記憶ありません。。

 

お越し頂いた皆様、有難うございました。

 

最近、自身の面談やコミュニティなどで、「不動産投資をこれから始めたいと思っているのですが、何から始めればいいですか?」という質問をよく受けるようになりました。

 

そんな初心者のために、最低限やるべき事を簡単にいくつか書いて見たいと思います。

 

 

関連書籍は”最低”10冊以上読む

 

前提として個人的には、不動産投資を始めるのに「最低限の知識は必要だが、勉強しすぎても良くない」と思っています。

 

とはいえ、全く何も知らないままに勢いだけで始めてしまうと、変な業者やコンサルタントに騙されて痛い目を見る事になります。

 

最低限10冊は関連書籍を読むべきかなと思っています。

 

私自身は1棟目を買う前、書籍は200冊くらい一気に購入して読みました。もちろんノウハウは蓄積されましたが、実際物件購入して運営してみて、書籍で得れる知識というのは、実際使えるものはほんの一部です。

 

大体の不動産投資本は、その方の物件購入の経緯や自慢的なものも多く、具体的なノウハウが体系化されて書かれているものは少ないと感じています。(全てがそうとは言いませんがm(_ _)m)

 

10冊もバランス良く購読すれば、大体の基礎知識は学べますし考え方や一通りの手法も頭に入ると思います。

それ以上は頭でっかちになってしまう方もたくさんいるのでご注意くださいね。

 

 

どうしても勉強しないと不安だという方へ

 

「大きな借り入れをするのだから、しっかり勉強して始めたい!」と思う方もいると思います。私も今でこそ勉強は最低限でいいと思っていますが、もともと心配性な性格なので、きっちり勉強して全てを学んでからではないと動けない性格です。

そんな私は、書籍だけではなく不動産投資を体系的に教えてくれる「不動産投資の学校」というスクールに通っていました。

▼不動産投資の学校 by ファイナンシャルアカデミー

 

全12回の講義を3ヶ月単位で実施しており、実際に不動産投資の概要から、土地探し、買い付け、融資付け、などの教科書的な事を一通り教えてくれます。

 

金額は結構しますが、書籍などで勉強するより効率良く勉強できますので、時間は短縮できます。金額は高くてもいいが、しっかり短期で効率よく知識を身につけ、すぐ物件を買いたいという方には良い教育機関かもしれません。

 

実際私は学校に通い始めて、10〜11回目の講義くらいのときには既に1棟目の購入を終えていました。

 

ただ、実際の融資戦略や投資手法などはここでは情報としては得る事ができず、基礎的な内容のみなので、そこは割り切って受ける方がいいですね。

 

実際表面的な知識を中途半端広く持っている方も多く、、「この人はずっと買えないだろうなぁ・・・」という方もたまにお会いする事があります。

 

完璧な物件というのは存在しないので、リスクに対して対処できる見込みがあればある程度の割り切って買ってしまう事も大時です。ずっと買えないままだとずっとCFは生まれないままですからね。ある程度の物件でも早く買ってしまってCFを得る方が次の物件にもつながります。

 

興味がある方は、体験セミナーだけでも参加してみてください。今なら実質無料ですし講師の方も実践されている不動産投資家なので納得できます。

 

興味がある方は是非。

 

 

実践している不動産投資家にあう事

 

ある程度書籍などで勉強して知識を身につけたら、実際に不動産投資を実践している方に合うのが一番です。

もちろん変なコンサルタントではなく、最初は気軽に話せるコミュニティや大家の会がいいかなと思います。

 

書籍やスクールなどで得た基本的な知識をもとに、具体的にどういう投資手法でどういうやり方で組み立てていくかを決めて、動いていく形になります。

 

間違ってもいきなり変な業者など回らないようにしてください。投資手法が定まっていない中で業者と合うと「オーバーローンで物件購入できますよ!」「新築なので空室リスクもなく安定した経営ができますよ!」などと甘い言葉をかけられ、判断できず買ってしまう方も多くいますので。。

 

20代サラリーマン大家の会では同世代でも既に実践している方も多く、専業で会社を退職しているものもいますので、ご興味がある方は是非お気軽にお越しください(^ ^)

 

ではでは。

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る