太陽光発電ってどうなの?


p1080743

 

 

こんにちは。運営メンバーの野間です。

 

今日から家庭の事情で実家へ戻っています。週末のイベント参加したかったですがどうしても間に合わず・・・涙

 

 

さて、みなさんは太陽光発電って投資されてますか??

 

一度は興味を持った事がある人も多いんじゃないでしょうか。

 

去年までは過剰気味でしたが、巷ではもうブームが去っている感も強く、施工業者の倒産も今年は軒並み増えていますね。

 

去年までは異常な勢いでみんなが購入しちゃってましたね、、

 

個人的な意見としては、CFを伸ばすための投資として太陽光発電は反対派です。

 

 

「20年固定買取だから空室もないし、利回りも10%超え」なんてセミナーなどで謳っていたりします。

でも、”利回り”という言葉は「一定期間保有した後に一定の価値で売却できるから意味を成す言葉」であって、太陽光の収益は、不動産で意味する利回りとはちょっと異なるかなと思っています。

 

まだまだ流動性に欠ける資産であり、且つ担保価値も低い為、不動産を買い増す過程で足枷になる可能性もあります。
そのデメリットを補う収益性&価値はないと考えていたので興味をあまり持っていませんでした。

 

融資が引きやすいのは嬉しいですが、融資期間もうまく伸びても20年ですし、返済比率も大体60%くらいは超えてしまいます。

 

結構な規模の投資でない限り、借り入れ額に対するCFはあまり伸びないですね、、

 

 

 

しかし、事業収入の節税という意味ではまだまだ今年も魅力的だと思っています。

 

ご存知の方も多いと思いますが、太陽光は「生産性向上設備投資促進税制」という制度に当てはまります。

 

簡単にいうと設備の50%を経費として一括計上できるわけですね。結構な金額です。2000万の設備ですと1000万一括計上できるわけです。

 

実は来月も2000万で75kwの土地付き野立てを買いますし、もう一つ同じ規模くらいのものを年内に買う予定で動いています。

 

いろいろと事業を自分で行っていくと、日本にいる限りは絶対に税金の壁にぶちあたるとおもいます。。

 

「お金を使わず、融資を使って、且つお金を毎月生み出してくれる商品」で、これだけの経費計上ができるものっていうのは私が知る限りなかなかありません。

 

生命保険なども一定のお金は出ていきますし、車はローンで買えますがお金は一切生み出しません。

 

自営業の方や、不動産投資だけでなく、他の事業収入の割合が大きくなっている方などは、けっこう野立て太陽光発電による節税はオススメです!

 

ただ、担保価値は低いのでこれからまだまだ不動産を買い増していく過程の方は順番をまちがえないようにしてくださいね^^

 

ということで、CF伸ばす投資としては見劣りするが、事業収入がある方、経営者の方向けの節税商品としては買い増しの順番は気をつけつつも、まだまだ今年も使える投資であるという事を買いてみました^^

 

もしご興味がある方はイベントなど来られた際に声かけてください〜^^

 

では。

 


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る