不動産投資で騙されないために。


こんにちは、たかゆきです。

 

不動産投資をしていると様々なトラブルに遭遇します。

先日、私も滞納者との交渉に様々苦労しました。

不動産投資も不動産賃貸業という事業ですから、リスクやトラブルがつきものです。

だから不動産投資はやめましょう!

ということではなく、このようなリスクやトラブルの対処法を知識として覚えておくことが大事だと考えています。

逆に不動産投資は知識でリスクを回避できることが多く、知る知らないで「大家力」の差が大きく出ると思います。

ただ、不動産は民法などの法律面が難しく、理解をするのに専門用語ばかりでとてもむずかしいです・・・。

 

ということで、今回、弁護士の先生を呼んで「不動産投資で気をつける&覚えておく必要がある法務のポイント」を教えていただ事にしましたー!

法務セミナーの内容は下記の通りです。

 

<不動産投資で必ず覚えなければいけないポイント/法務セミナー>

日時:10月9日

時間:16時〜

場所:六本木周辺

▼タイムスケジュール

15時半 受付開始

16時 セミナー開始

17時半 質疑応答

17時50分〜 個別法律相談のご予約(無料)

18時15分〜 近くのお店で懇親会

▼内容

・手付金詐欺や地面師などの事例
・住宅ローンで買った物件を貸し出した場合のリスク
・二重売契やエビデンス偽造の法律的な問題点
・瑕疵担保責任の説明、消費者契約法による瑕疵担保免責など
・身近な業法違反の事例
・地震とかで家潰れて入居者が怪我などした時の大家の実際の責任
・太陽光や新築APなど、施工業者が潰れてしまうor計画倒産などの事例、事前に気をつけるポイント
・税務調査が入る会社のポイント(通知税理士としての観点より)
・滞納された際、法的に一番効率的に解決する方法
(仮差のメリット・デメリット、方法など)
・税務調査をクリアできる物件価格の建物按分のあげ方
・ガス会社から過剰な設備を提供され、その後相場よりかなり高い金額を請求された場合など
・法人をたくさん作り、法人の借り入れを隠して物件を融資をひきまくるスキームが流行っている(通称:1金融機関1法人スキームと呼ぶ)が、仮に借り入れした銀行に事実がばれた場合はどうなる?リスクについて。
・取引先の信用度の調べ方
・不動産保有法人の株式売却の注意点
・仮想通過の詐欺案件事例(おまけ)
・その他、気をつけなければいけないポイント

 

なんと今回、セミナーにお越しいただいた方に限り、後日、弁護士の無料相談をお受けする事が可能です!(通常、弁護士の法律相談は30分5000円〜数万円します)
※セミナーの最後にご予約できる時間を設けています。

 

このようなセミナーは滅多にないかと思いますので、ぜひご参加いただき、知識を身につけていただけたらと思います!!
皆様とお会いできるのを楽しみにしております^-^//

 ▼お支払いは下記からおねがします▼

会員 懇親会なし(3000円)

会員 懇親会あり(8000円)

非会員 懇親会なし(5000円)

非会員 懇親会あり(10000円)