SIL5月イベント情報


こんばんは。SIL運営担当です。

 

4月イベントはキックオフパーティーということで交流会のような形のイベントでした。

これはこれで盛り上がり、情報交換ができる場ですが毎月飲み会を続けるのも芸がないので、5月は真面目なイベントを企画しています。

 

突然ですが、不動産投資にはどのくらいの知識が必要だと思いますか?

 

不動産投資は知識でリスクをカバーできる投資だと今までの記事でお伝えしてきました。

不動産投資に直接関わる知識はもちろん必須ですが、考えられるだけでもかなり幅広い知識が必要になることが容易に想像できると思います。

リフォームに関する知識、法的な知識、税務的な知識、建築の知識、損害保険に関する知識など・・・

では、それらすべての知識を身につけなければいけないのかというと、その必要はないと思います。

一級建築士や弁護士、税理士の資格を取らなくてもオーナーにはなれるのです。

もちろん知識はあるに越したことはないですが、その道のプロがいるのではあればプロに任せてしまえばいいのです。

ここが「不動産投資はチームで行う」と言われる理由です。

 

特に不動産投資は「税金」との戦いと良く言われるように税務的な知識は直接投資家のキャッシュに影響してきます。

不動産に関わる税金は様々なものがあります。

物件取得時には不動産取得税、保有しているだけでかかる固定資産税や都市計画税、売買するときには譲渡税や登録免許税など・・・

上記は不動産投資を既に行っている方については嫌でも経験していると思います。

特に4月くらいになると固都税の通知がくるのが憂鬱ですね

 

さて、5月イベントはそんな不動産投資とは切っても切り離せない税金についての勉強会を企画しています。

消費税還付に詳しい税理士の先生を招いて講演、その後懇親会という流れを考えております。

詳細は決まり次第ご連絡いたします。

消費税還付という言葉を初めて聞いた方、消費税還付はできなくなったと思っていた方などいると思います。

税法というのも毎年変わっている部分がありますので、生きた税務の情報はもしかすると不動産投資の情報よりも価値があるかもしれません。

是非、知識を身につけて帰っていただきたいと思っております。

 


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る