今年は物件仕入れのチャンスかもしれないですよ!?


こんにちは。SIL運営担当Fです。

記事の画像わかりにくいかもしれませんが、日本銀行の外観写真になります(笑)本日は銀行ネタだったので、設定してみました。

 

さて本日は普段仲介の担当をしている私が、2019年第一弾の配信となりますので、私なりに2019年の収益不動産価格の予測を書いてみたいと思います。

 

まず昨年、スルガ銀行の不正融資の問題で、各金融機関の金融資産チェック、年収チェックが厳格化しており、今まで成り立ったような属性のお化粧(※業界用語)が一切できない状況になっています。

 

それに伴い、物件の中でも融資が付くor付かない物件の二極化が進んでおり、付かない物件の価格の下落が昨年からより顕著になっているように感じます。

 

利回りの指標だけで言っても、個人的な肌感では2、3年前の相場利回りと比べると平均2〜3%程度エリアにもよりますが上がっている印象が強いです。

 

上記の流れから、今年はさらなる物件価格の下落が見込まれるので、買える(=融資が付くお客様)はより物件仕入れを強化できれば、3〜5年後の物件価格上昇時期に1,000万円を超える売却益狙うことも十分に可能になってきます。

 

そんな、「買い場」の市況で大切になるのが、自分の属性でどの銀行が利用できるのかを常に把握して、日々情報収集をすることです。

 

なので、2019年の不動産投資での目標を立てられた方は、まず第一弾の取り組みとして、自分自身が現在使える銀行のリストアップ→ヒアリング→物件基準の把握→物件探しをしてみてはいかがでしょうか?

 

日々仕事や家事で忙しいとは思いますが、上記の作業をしっかりと取り組んだ上で、物件の仕入れをできれば最も効率的な動きが可能になりますので、大変ですがヒアリングどんどんやってみてくださいね^^

 

また本業が忙しく、銀行ヒアリングになかなか時間を割けないという方も多いと思いますので、そう言った方は、銀行開拓に特化したサービスもこちらでご用意があるので、お気軽に問い合わせフォームよりご連絡くださいね^^

 

それでは2019年も皆様にとって、良い1年になりますようにご挨拶申し上げます。

 

ぜひ今年こそ、私も含めみなさんガンガン物件取得しましょうね!!!

 

 

 


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る